空をつないで・・・

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もうちょっと

ちょっとイライラ
肩凝りコリコリ
口からはブツブツ
そんな自分と真正面から向き合うなんてこともめんどくさくて
何か足りないなって
お菓子をポリポリ
食べすぎて 胃がシクシク(;_;)

言いたいこと言わないのは
あなたを傷つけたくないからなんて言い訳で
私が傷つきたくないから


腹をくくれ!って
誰かが言っていた

変わりたいなら腹をくくれ
自分らしく生きたいなら
腹をくくれ

嫌われる覚悟
傷つく覚悟

それで 伝えたいことは伝える

出来るかなあ
出来るかなあ

もう ちょっとしたら出来るかな

| 未分類 | 09:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ただそこにいて・・・

私ね
聞いてもらいたいこと
いっぱいあったんだ

でもね
なんにも言わなかった
君に会って
柔らかな笑顔みたら
それだけで心が安らいだ

「またね」って
そっと 手を繋いだ
そんな 君の温もりが
指先から伝わって
ずっと私の心を温かくする

| 忘れたくない気持ち | 13:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

別れ道

二人 違う道へと別れてから

ヒューンって 心に風が通る

そこは、いままで君がいてくれた場所

この寂しさは いままで君が埋めてくれていた

風が通るたび 寂しさを感じるたび

「ありがとう」って思う

もう 気持ちは直接には、届けられないけど

「ありがとう」って

君がいてくれた場所を そっと抱きしめるよ

| 空をつないで | 10:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いつの間にか

いつもあなたが
「おはよう」の言葉を
かけてくれていたことも
当たり前に
当たり前になっちゃって

それが私にとって
大切なことだって
当たり前の「おはよう」が
聞けなかった朝に
なんだかもう足りなくて
気づいたよ。

いつの間にか
大切な人になっていた
いつの間にか当たり前になっていた

そんな時間が
そんな あなたが
いつの間にか本当に大切になっていたんだね


| 詩 つぶやき | 14:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風に任せて 赴くままに

行動することに理由を求めていた。
行動を起こすことに理由なんていらないこと
あなたと出逢って気づいたよ
すべては 心の赴くままに・・・・




地球も 動物も 草花や木々たちも

新しい季節を迎え 
そして古い季節を脱ぎ捨てる

流れる川のように
次の季節を受け入れよう
力を抜いて すべては流れに身を任せて・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



心が動くから したいことがあるからする
やりたくないから やらない・・・それだけ

そこに 理由がいるのかなぁ?って

意味なんてあとから勝手についてくるもんだ

理由を知りたいなんて
そこにこだわっていると 理由探しの一生になってしまわない?

いま・・何がしたい?

なにかの為になるから
誰かの役に立てれば・・・

そういうことも 為になりたい自分 役に立ちたい自分
そうすれば自分が満足できるならそれでいいやんって

誰かのためになることを 自分のためにしたいんだよねーって
認めちゃえば 見返りがなくても誰も責めたりしないよね








| 忘れたくない気持ち | 15:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分探し

自分探しで自分を見つけた人いるのかな?

空気は見えないけど そこにある
風も感じるけれど つかめない

川の川であるところ
海が海であるところ

ここだよーって言えないし
つかまえられない


自分も自然もおんなじで
動いて変化して形を変えていく

だから 探さなくていいんだよ

ここで感じている今
ここにいる
明日は 明日の自分
それで良いね

| 詩 つぶやき | 14:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次の角まで 君と一緒に


「次の角まで一緒に歩こう」
君がそう言った。

「うん」
笑顔で頷く私

次の角まで
君と過ごせる大切な時間

次の角まで 
しっかり君を感じていたい

次の角まで
一瞬も逃さないように 
しっかりと見ているよ

君の言葉一言も逃さないように 
しっかりと聞いているよ




. : * :・’゜☆ . : * :・’゜☆ . : * :・’


これはね 夢の中のお話で

大好きな人が 私に言ってくれた
「次の角まで一緒にあるこう」って

私はうれしくて嬉しくて
笑顔で「うん」と頷いた

夢から覚めて思ったの
こういう気持ちが大切だって

いま 君と過ごす時間
いま あなたといる時間
永遠じゃないんだよね
何回も繰り返されるわけじゃない

だから今を大切にしたいなって
みんな 誰とでもおんなじことで
長さや時間の違いはあっても
次の角まで一緒に歩くそんな関係なんだよね。


次の角まで よろしくね
いっぱい話そうね。

| 詩 つぶやき | 03:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あじさいのように

sajisai


紫陽花といえば 梅雨の花 6月末から7月のイメージかな?
でもね 私の住む街 札幌では今が満開の紫陽花は秋口まで咲いています。


少し前に書いた紫陽花の詩です。

. : * :・’゜☆ . : * :・’゜☆ . : * :・’

紫陽花のように

切ないきもちで いっぱいになったとき
紫陽花の花のように生きてみようと思う
寂しさも悲しみも
自分の色に重ねて
人の痛みを感じられる自分になる
今よりも柔らかい自分になる


たくさんの切ない雨にうたれていても
ただ穏やかに咲いている
自分らしさを受け入れて
その時々の思いを色に重ね
自分だけの花を結ぶ
そんな紫陽花のような人になりたい


悲しみの雨にうたれているような 
そんな日にこそあたたかく
優しい色を身にまとい 
だれかをそっと癒してあげられる
そっと包んであげられる
そんな紫陽花のような人になりたい



| 詩 つぶやき | 03:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。