空をつないで・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

変わらない想い

君は 戸惑いながら 確認するように言った。

「変わってしまったのね」

私は「何も変わらない…」と小さく答えた

本当に君の事が嫌いになったわけじゃない

あの時、
君が私にぶつけてきた ゛想いのカケラ゛を、
拾いあつめてみた。

傷つけないようにって
思えば思うほどに、
自分の気持ちをごまかして、
まっすぐな君の瞳にこたえられないでいた。

すこしづつ 深く傷つけていたんだね

確かにあったはずの
゛きみへの想い゛は 
どこに消えてしまったんだろう

今は 大好きだけど、
特別じゃなくなっていた

君は気付いていたんだね
「何も変わらない」 
そんな言葉に

淋しそうな笑顔を見せた

それが君からのサヨナラ

気付かないフリをして
「またね」って手を振った・・


「ごめんね」
「ごめんね」

もう届かないけれど  もう遅いけど…

スポンサーサイト

| One Scene | 16:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tamagosand.blog9.fc2.com/tb.php/30-eee38495

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。