空をつないで・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

輝きはじめる


寂しさから逃がれるために
誰かを求めても
寂しさを埋めるには足りなくて

一瞬 
埋まったような気持ちになっても
いつも一緒にはいれなくて
「足りない」
「足りない」って 
もっともっと寂しくなる


それよりも
どんな人も寂しいんだって 
寂しさを
受け入れられたら

一緒にいられる時間が
奇跡のようで
嬉しくて
愛しくて
輝きはじめる



スポンサーサイト

| 詩 つぶやき | 23:26 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

本当は寂しさから逃れるためにあっているのではないと思います。
会いたいから、愛おしいから会っているのだと思います。
寂しさを紛らわすだけのために会っているのだとしたら、相手が気の毒過ぎませんか。
それでは、tamachanも、会うことに不満が残ると思います。一緒にいる時間が素敵に思えるということは、会いたくて会っているのに違いありませんよ。ご自分にもう一度問いかけてみてくださいね。ステキな出会いを大切にしてください。応援しています。ポチ!

| ほっとサム | 2010/02/26 22:05 | URL | ≫ EDIT

No title

好きな人とは、どんなに長く一緒に居ても
どんなにぴったりと寄り添い、抱き合っていても
ぜんぜん足りないんですよね^^;
求めるほどに寂しくなってしまう気持ちわかります。
だから逆転の発想なわけですね。
切ないようでいて、すごく前向きな詩だと思いました

| 雪天 | 2010/02/27 00:21 | URL | ≫ EDIT

ほっとサムさんへ

あったかいコメントをありがとうございます。

サムさんがくれたコメントを読んで 
本当にそうだなぁって
寂しさを紛らわすために会うのって相手に気の毒

この詩の前半部分は かつての自分で
あの頃は ただ寂しくて 人と一緒にいたかった。。 居場所が欲しかった。
自分だけが寂しくて 周りの人たちは 楽しそうで寂しくないんだって思っていたんです。

でも・・ある頃から みんなそれぞれに寂しさを抱えているんだって気づいたことがあって

それからは 埋まらない気持ちを追いかけるよりも
今 一緒に過ごしてくれている人に感謝したいな。。って思えるようになりました。

そんな気持ちを伝えたくて 言葉にしてみたんだけれど・・ちょっと言葉足らずでしたね。


サムさんの 寂しさで会ったら相手が気の毒。。って言葉 本当にそうですね。
寂しい寂しいと思っていた頃は 
自分が可哀想って自分のことばかりで 
人を大切に出来ていなかったんだな。。って気づかされました。

ありがとう 感謝しています。 出会い大切にしていきます。

| Tamachan | 2010/02/27 00:51 | URL |

雪天さんへ

雪天さん 優しい言葉をありがとう。

寂しいって気持ちがあるから
一緒にいられるときが嬉しくなれる。
一人でも平気だったら・・・って想像すると
やっぱり寂しい気がします。
やっぱり人と一緒にいたいから
寂しさがあるから 大切な人といる時間がもっと輝くのかなぁ。。なんて思いました。


| Tamachan | 2010/02/27 01:27 | URL |

おはようございます。

元気ですか。明るく、楽しく、元気にいきましょう。
今日も応援のポチ!

| ほっとサム | 2010/02/27 10:14 | URL | ≫ EDIT

ほっとサムさんへ

応援ありがとうございます。
今日も 穏やかに過ごせますように(^^)

| Tamachan | 2010/02/27 11:53 | URL |

こんばんは。

こんばんは。応援ポチ!していきます。

| ほっとサム | 2010/02/28 21:45 | URL | ≫ EDIT

ほっとサムさんへ

応援のポチッ ありがとうございます。
とても励みになります。

| Tamachan | 2010/02/28 23:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tamagosand.blog9.fc2.com/tb.php/20-e2f2193d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。